敏感肌用の化粧品選び

「敏感肌の化粧品だったら、どれを選んでもOKなのか?」


答えはNOです。なぜならば敏感肌とひとことで言っても、
日ごろの仕事や家事のストレスから来た肌荒れのもあれば、
自分に合わない化粧水やファンデーョンを塗っていたために乾燥肌と
なってしまったことから来る敏感肌など原因はさまざまです。

よって、化粧品の選び方もそれぞれ変わってきます。

宣伝広告を見る限りでは大丈夫そうなのに買ってみたら、
自分には合わなかったというケースも少なくありませんよね?
これは敏感肌、乾燥肌など関係なくあります。

う〜ん、イマイチってね^^;

じゃあ、自分に合った化粧品はどのように調べるのかという
ことですが、これは試してみるのが一番ですね。

試してみて、違和感や不快感を感じなければOKです。
逆に買ってみて痛みやかゆみを感じるようであれば、その後の
使用は控えたほうが良いでしょう。

ひとつ注意点として日本人の気質なのからか、多少の違和感ぐらい
ならば、もったいないからと、がんばって使うヒトもいるのですが、
ハッキリ言ってやめてください。

自分に合わない化粧水やファンデーションでメイクをし続けると、
敏感肌を余計に悪化させる原因にもなりかねません^^;

なかには、そのことを「モノを大切にしない」と言う方もいるかも
しれませんが、まずは自分のカラダのことを、お肌のことを第一に
考えるようにしたほうが良いのでは無いでしょうか?

もし、万が一、使い続けることで悪化してしまった場合、
後から後悔することにもならないためにも・・・

CmsAgentTemplate0011-0014 ver2.0